ギア・ペニン GUÍA PEÑÍN

スペインワインの権威、ホセ・ペニン氏によって創設されたワイン・ガイドブックで、スペイン国内外問わず、最も権威あるスペインワインのガイドブック。『ギア・ペニン 2017』の取扱いアイテムは、実に11,500アイテム以上。現在はスペイン語版のほか、英語版、ドイツ語版もあり、世界20カ国以上で流通しており、その点数は、スペインワイン業界では品質の指標になっています。

ホセ・ペニン José Peñín

ギア・ペニンの創設者で、現在はギア・ペニン名誉会長。

1943年生まれ。サンタ・コロンバ・デ・ラ・べガ(レオン県)出身。スペイン語圏で最も多作なワインジャーナリストで、スペインで最もぶどう栽培およびワイン醸造に関する見識のあるライター。この分野の草分け的存在で、国内のみならず国際的にも広く知られています。彼の手がけるワインガイド“ギア・ペニン”は、スペインワインの国際取引に最も影響力があり、スペインワインに関する出版物としては世界的レベルで最も指示を受けています。いくつかの権威ある国際的なコンクール等の審査員のメンバーでもあり、あるときは、コンサルタントとして、またあるときは講演会の講師として、あるいはテイスターとして、ほぼ世界中のぶどう畑を訪問しています。

カルロス・ゴンサレス Carlos González

ギア・ペニンのテクニカルディレクター。

1979年生まれ。アビラ出身。サラマンカ大学で農業工学を学んだ後、Torras y Asociadosにて醸造学およびぶどう栽培学を、IEビジネススクールにてぶどう栽培醸造企業経営学の修士課程修了。卒業後、醸造家、栽培技師として経験を積んだ後、Las Añadas de España社の技術指導の職を務め、2008年より、ギア・ペニンの人材開発にも携わり、ギア・ペニンブランドで展開するワインや蒸留酒の試飲会などを開催しています。